九州大学大学院歯学研究院の一杉岳講師、東京女子医科大学歯科口腔外科の佐々木亮講師らの研究グループが、小児歯科治療で局所麻酔薬の安全な最大推奨用量を簡単に求められる新ルールを提案した。体重6キロごとに歯科麻酔薬の注射を半分ずつ増やしていく内容で、研究成果が日本歯科麻酔学会誌に掲載された。

 九州大学によると、歯科治療に局所麻酔薬が欠かせないが、過量投与で発生する小児の局所麻酔薬中毒がしばしば問題になっている。小児の使用量の上限が明確にされておらず、世界でいくつものルールが乱立していることが原因に挙げられる。

 日本の歯科医の大部分は1.8ミリリットルが1カートリッジ規格である局所麻酔薬を専用の注射器にセットして使用しているが、小児歯科専門医と一般歯科医を対象とした調査では、7割近くが安全な最大推奨用量を知らなかった。

 そこで、研究グループは簡単に安全な最大推奨用量を算出できる方法として、体重6キロごとにカートリッジを半分ずつ増やす新ルールを考案した。新ルールでは歯科麻酔薬の種類を問わない。新ルールの最大推奨用量は他のルールの基準値に比べて少ないが、小児歯科診療で十分な局所麻酔量になっているという。

 研究グループは新ルールが広まれば、歯科医側の混乱や患者の不安が軽減され、小児歯科治療の安全性が高まるとみている。

纸张信息:【⽇本⻭科⿇酔学会雑誌】New maximum recommended doses of local anesthetics for pediatric dental treatment : HC/6 Rule(⼩児⻭科治療における局所⿇酔薬の最⼤推奨⽤量への新提案「HC/6 ルール」)

九州大学

创造开启未来、推动社会变革的“综合知识”的大学

今年迎来建校111周年的九州大学是一所拥有12个学部、19个学部的核心大学。我们被指定为“指定国立大学法人”,通过开展世界最高水平的优秀教育和研究活动,可以成为国际基地。从我们至今培养的人文社会学,到自然科学,甚至与设计相关的“知识” […]

东京女子医科大学

大学学报在线编辑部

这是大学学报的在线编辑部。
文章由对大学和教育具有高水平知识和兴趣的编辑人员撰写。